【KOCコインの価値と大手飲食店次第?】KOC Cポンアプリとは?

MLM
この記事は約9分で読めます。

先月から巷を騒がせているMLMアプリがあると聞き、

 

プギツネが早速調査してきたよ。

 

その名も「 KOC Cポン 」というもの。

 

ん?どんな商品なのかって?

 

この「Cポン」は、商品ではなくて、無料で登録できるアプリなんだ。

 

どんなアプリなのか、早速みていこう。

 

「 KOC Cポン 」の運営会社は?

 

まず、このCポンを運営する会社について説明するね。

 

運営しているのは飲食天王KOCという企業で、香港の飲食店の広告代理店。

 

創業者は「梁 震宇」さん。

 

各界に精通したすごい人で中国では映画だけでなく歌手としての活動歴もある模様。

 

香港ではこのアプリに一万店舗以上が加盟しており、

 

既に30年以上も事業形態として成り立っている。

 

あのマクドナルドも加盟しているというから、認知度の高さは本物かもしれないね!

 

 

Cポンの画期的なシステムとは

香港では既に広く認知されているこのCポン。

 

その秘密は、皆がお得になるシステムにあるみたい。

 

従来のグルメサイトのシステム

Cポンの詳しいシステムを話す前に通常の広告システムについて話すね。

 

従来、「飲食店」はたくさんのグルメサイトに広告をだし、

 

僕たち「消費者」はその広告をみてお店に行くよね。

 

この時、「飲食店」はグルメサイトに広告費を払っているんだ。

 

だけど、費用対効果を見たとき、高い広告費の割には効果が薄い!らしい。

 

「 Cポン 」を利用した広告システムとは

 

一方、今回の「Cポン」は飲食店探索アプリとして

 

従来のグルメサイトと同様の広告の役目を担うわけなんだけど、

 

「消費者」は「飲食店」のお食事券を20%オフの価格で「Cポン」から購入することができるんだ。

 

このとき、「Cポン」は「飲食店」のお食事券を半額程度の値段で買い取っており、

 

そこに多少の利益を載せて「消費者」に販売している。

 

一方、「飲食店」も「消費者」から従来よりも安い飲食代を受け取る代わりに、

 

高い広告費を抑えることができるんだ。

 

つまり、

 

「消費者」は、飲食代が2-3割節約できてお得になる。

 

「Cポン」は、「消費者」に販売した額と「飲食店」から買い取る額の差が利益になる

 

「飲食店」は、飲食代を安く提供する代わりにCポンに広告してもらい、従来の高い広告費を抑えられる。

 

ということでどの立場もお得になるよっていうのがこのアプリの仕組なんだ。

 

確かに、聞いてると凄くお得に聞こえるよね。

 

更に、今後はマッサージやネイルサロンなど、飲食以外の店舗にも横展開していくみたい。

 

このシステムの考察に入る前に、このアプリがもつMLMとしての側面についても説明しよう。

 

「 Cポン 」のMLMとしてのシステム

冒頭でも話したんだけどこのアプリ、実はMLMとしての側面も持っているんだ。

 

そのシステムについて説明するね。

 

報酬が入るプランは全部で2つ。

 

紹介者報酬プラン

 

自分が紹介した人がダウンロードした場合、一人につき1000円分入るんだ。

 

更にこの報酬は「消費者」にだけでなく、「飲食店」でも対象となっているみたいで、

 

「飲食店」が加入した場合、一店舗につき1~2万円が入るよ。

 

これはあくまでもショット報酬のようだけど、アプリは無料でインストールできるから、

 

手軽に勧められるね!

 

お店を加盟させるときは、詳しい説明は運営会社がやってくれるみたいだけど、

 

営業かけるハードルは高そうだね。

 

継続報酬プラン

 

次に、継続報酬プラン。

 

実際にアプリを利用するときは、アプリにお金をチャージして使用するんだけど、

 

紹介した人が使用した額の3%が、毎月、しかも5年間継続して入るんだ。

 

更に、このプランはもう一つ上のグレードがあって、

 

自分が紹介した人とその人から更に紹介した人の合計人数が100人を超えた場合、

 

「アンバサダー」というグレードになるんだ。

 

このグレードになると、継続で入る報酬は、使用額の5%。

 

しかも、期間はなく永久!

 

もちろん、自分が紹介した人だけなくて、更に紹介された人までの分が入ってくるよ。

 

更に、「飲食店」を紹介した場合も同様で、紹介した「飲食店」を通じて「Cポン」会員が

 

増えた場合、その店舗に使用額の3%が入る。

 

このとき、自分が「アンバサダー」であれば、自分にも使用額の5%が入るよ!

 

ここまで聞いていると、悪い面は少しもないよね。

 

他のMLMとは違い、初期費用なんてないし、アプリを利用した方が飲食代が安く抑えられるからね。

 

「 Cポン 」のデメリットは?

ここからは「 Cポン 」のデメリットについて話すよ。

 

実はこのアプリ、チャージする方法はPaypalもしくは仮想通貨のみなんだ(2020年5月時点)。

 

僕がそうなんだけど、仮想通貨に疎かったりPaypalを使用したことがない人にとっては

 

利用するのが難しく感じてしまうよね。

 

大手飲食店が加盟するかどうか

現時点で確認できている加盟店は、ほとんどが都内の飲食店なんだ。

 

しかも店舗数はまだ300にも満たない状態。

 

これから全国に広がれば良いんだけどね。

 

あと、僕らが普段利用する店舗って大型チェーンが多かったりするよね。

 

そんな大手飲食店がわざわざ加入してくるかどうかが怪しいところ。

 

大手で全国展開している店舗ほど、確かに広告費はかなり高額だけど、

 

消費者として見るに、広告効果も十分にある気がするんだ。

 

マックのCMだって、意識してなくても結構記憶に残ってるでしょ?

 

そういえば新しいバーガーとハッピーセットがでてたってCMでやってたし行くかな

 

って具合に、CMの効果は大きいと思う!

 

つまり、「 Cポン 」の利用者が相当増えない限りは、参入してくる可能性はないと思うんだ。

 

そもそも、既に圧倒的な認知度がある中で新しい広告アプリにわざわざ参入してくるのだろうか。

 

さて、次が最も大きなデメリットなんだけど、

 

実はこれまでに説明した報酬は全て仮想通貨で行われるんだ。

 

報酬は全てKOCコイン‼

シンガポールにある取引所BIKIで扱える仮想通貨(らしい)。

 

仮想通貨の取引所は国内にもたくさんあるんだけど、

 

現時点でKOCを取り扱っている取引所は国内にはないんだ。

 

更にシンガポールでの取引所でも現在動いていないらしく、

 

取引所を利用した現金化する手段は今のところなさそう。。。

 

なんていったって、今のKOCコインの価値はめちゃくちゃ低い。

 

仮に香港でのCポンも同システムだったとすると、

 

そこまで流行って注目されてもKOCコインはまだ取り扱われるようになっていないということ。

 

それもあって、取引所を利用して現金化できるのは当分ないと思うんだ。

 

ただし、報酬が日本円で1万円を超えたら、KOC運営会社に申請すれば現金化してくれるとのこと。

 

その現金化も、急に中止になるかもしれなくて、そうなった場合は

 

Cポンアプリ内で使用するしか使い道がなくなるね。

 

まあ、普段利用する飲食店でCポンが使えるなら魅力的ではあるけども、

 

本音は現金で欲しいよね。。。。

将来性は?

さて、このCポンアプリの将来性について考察するよ!

 

なんだかんだ言っても、このアプリのシステムはなかなか優れていると思う!

 

だって、食事代が20%ほど安くなるからね。

 

だけど、大手の飲食店が加入しないと消費者も使い勝手が悪くて広まらないんじゃないかな。

 

報酬としてもらえるKOCコインも、仮想通貨としての価値もまだまだ低いから

 

現金の代わりに扱えるようになるのは相当難しいと思うんだ。

 

報酬がビットコインなら、今は現金代わりに対応する店も増えてきているし、

 

間違いなく流行ると思うんだけど。

 

正直、香港ほど流行るのは難しいと思うし、

 

時間がかかりそう。

まとめ

Cポンは香港の飲食天王が運営する飲食専用の広告アプリだよ。

 

MLMの側面もあって、広めると使用額の3-5%が毎月入るようになるんだ。

 

ただし、報酬はKOCという仮想通貨で、現時点での価値はかなり低いよ。

 

紹介しなくても、食事代が2.3割浮くから有能なアプリになる可能性はある!

 

大手の飲食店が加盟するかどうかがカギだね。

 

ただし‼インストールするだけは無料だから、

 

実際に使用するかは置いといてアプリをダウンロードしておくのはありだと思うよ‼

僕も登録したよ!無料だからね‼

Cポンとは

✅飲食代が安くなるお得なアプリ

✅商品の魅力

無料でお得になるためおおいに魅力あり

✅将来性

大手が参入するかどうかがカギ、個人的には難しいと思うな~

✅集客スキル

アプリなのでノウハウなしの口コミで広めやすい

コメント

タイトルとURLをコピーしました